令和2年10月 学校歳時記

○10月1日(木) 駅伝競走大会激励式

 10月7日(水)五島市中総体駅伝競走大会が開催されます。駅伝練習に手を上げた有志11名を激励する会を開きました。(今日は2名が欠席)…
 選手呼名では、一人一人が自分の目標を発表しました。そして、応援生徒代表として激励の言葉を野澤朝珠さん、選手宣誓を山本滉陽さんがそれぞれ行いました。 私からは、学校だよりに掲載した下の言葉を中心にお話しをしました。

 駅伝は練習がつらい!しかし、我慢しながら、汗を流し続けた人に光を見せてくれます。
 また、タスキを託された区間を走り抜き、全員が自分の役割を全うするのは、究極のチームプレーだとも
思います。当然、練習で支え合った全員のチームプレーです。
 玉之浦中学校は、駅伝もロードレースも、一人一人がくじけることなく練習に励み、大会に出場し、ゴール・中継点まで走りきった姿を一番に評価します。「汗を流した自分を褒め、一緒に汗を流した仲間を讃えます。」
 走り終わったときに、一人一人にどんな光が見えるのか楽しみにしています。

10月7日(水)中央公園駅伝特設コース。ロードレース9:35、女子駅伝10:00、男子駅伝11:00、それぞれスタートです。一般応援は保護者のみ。マスク着用。大きな声を出しての応援はできません。

○10月2日(金) 小学2年生・中学2年生 合同芋掘り会

中学2年生が技術の授業で栽培していたサツマイモの収穫に、小学2年生が加わり、合同芋掘り会になりました。
中学生が釜を使ってつるを切り離し、小学生がつるを片付ける作業から始まりました。掘り始めると、私の拳より大きなものから、小指くらいのものまで取れました。小学生が、ざるに20個ずつ分けて数えます。(算数での学びが見えます)「全部で65個!」最後は、小中学生が一緒に感想を発表しあいました。 
「一緒にやりましょう」と職員室で声があがり、すぐに実行。小中併設校の本校らしい活動でした。

○10月3日(土) カマス釣り大会

 恒例のカマス釣り大会が開催されました。午後5時過ぎには徐々に雨も上がり、開会式の後、7隻ほどの船に分乗して、それぞれ船長さんおすすめの場所へ移動し、約3時間の釣りが始まりました。私は岩永教頭と一緒に、花谷さんの船に乗せていただきました。本命のカマスはもちろん、サワラの子どものサゴシ、アマダイ、アジなども釣れていました。
午後8時30分。港に帰ると、大物賞の計測でした。魚の大きさに合わせて、米や食事券、釣り道具などが賞品として配られました。ちなみに私のカマスは40.5cm…密かに優勝を期待していましたが、鹿山先生の42cmがあとから登場し、つかの間の夢となりました。持ち帰ったカマスとサゴシは、母親とご近所へのお裾分け。そして、塩焼きと吸い物で我が家の食卓に上がりました。
玉之浦の湾内は波穏やかで、釣れる魚も豊か。久しぶりに釣りを楽しみました。こんなに大がかりな大会を企画・運営していただいた皆様に感謝します。ありがとうございました。  

○10月7日(水) 五島市中総体駅伝大会

 辛い練習を乗り越えて、今日の駅伝大会を迎えました。最初に草野先生から、魂の言葉がかけられ、各自準備に入りました。
 出場選手の紹介です。写真の順に…男子ロードレースに出場した野澤太志さん・緒方真一さん・浜辺惇乃介さん。女子駅伝に出場した出口呼侑さん・出口子母心さん。男子駅伝に出場した山本滉陽さん・川脇颯太さん・山下航司さん・中村和志さん・越首翔龍さん・中山龍一さん…
 女子駅伝チームは、嵯峨島・久賀・玉之浦の3校での合同チームでしたが、呼侑さん・子母心がきっちりタスキを繋ぎ、完走を成し遂げました。(10位)
 男子駅伝も、ずば抜けたランナーがいるわけではない本校チームですが、本当に一人ひとりの力を絞り出し、積み重ねてタスキを繋ぎ、完走を果たしました。(12位)  
 ロードレースに出場した選手達も、練習を始めた頃とは見違えるような記録を残しました。
 応援をしてくれた永尾陸さん・野澤朝珠さん・谷口泰地さんは、大きな声が出せないのならと、昨日放課後、スケッチブックに選手の名前や応援メッセージなどを書き、目を前を走り抜ける選手達にスケッチブックを振っていました。(レースが進むにつれて、応援の声も大きくなっていたようです…仕方ないことです。)

 辛い練習の先に見える「光」を感じてほしい。…駅伝に臨むにあたり選手達に伝えてきた言葉です。走り終わった今、それぞれに自分に見えた「光」を語ることができたらいいな。本当にお疲れ様でした。それから、応援に駆けつけていただいた保護者の皆様。ありがとうございました。
 上に、応援の生徒たちの写真を追加しました。


 左の黒板の写真は、中学生が帰校する前に小学生が書いてくれたメッセージです。これを見た中学生達は、嬉しかったようです。6月の市中総体のときの応援メッセージに続き、小学生の応援も力になっていました。これも、小中併設校の本校らしい姿です。

○10月5日(月)小学1年:川散策 10月7日(水)小学2年:中須散策(秋編)

10月5日(月) 小学1年生

 校外学習として、川の散策に出かけました。場所は学校の前を流れる小川川です。汽水域にあるため、干潮時には川底が現れます。大小のタモで水をすくったり、石をめくったり… 
10月7日(水) 小学2年生

 7月の中須散策に続いて、秋の中須散策を行いました。季節による植物の違いなどを感じてくれたかな。また、水田横の水路にいたエビやハゼなどをすくって、学校に持って帰ってきたようです。最近、「水の国」のエビの姿が減っています。何匹か貰おうと思います。 

○10月8日(木) 桜花と避難

秋晴れの運動場です。

本日は給食終了後、子どもたちを一斉下校させました。先日届いた公共機関への攻撃予告への対応です。職員は、昨日に続いて不審物の捜索を行い、午後3時過ぎから安全確保のために、一旦運動場に避難しました。 (愉快犯?…子ども達の学ぶ権利を奪う反社会的行為では?)校舎に戻る職員の背中が重そうです。

ソメイヨシノに代わって、八重桜が咲いています。(秋だというのに…)

○10月9日(金) 昼休みの運動場

 風は強いですが秋晴れです。昼休みの運動場からは子どもたちの声が聞こえてきました。

 やわらかいバットとボールで野球。鉄棒やブランコの周りにもたくさんの子ども達が遊んでいます。小学生も中学生も一緒です。 

○10月12日(月) 小学5・6年生 玉之浦町内散策

玉之浦町について知ろう!
大瀬崎灯台・井持浦教会・大寶寺・ちょうちん家…町内の各所を訪問して、お話しをうかがいました。玉之浦町の歴史や今を、子どもたちなりに感じてくれたはず。次の時代を担う子どもたちには、どんな未来が見えているのでしょうか。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。 

○10月14日(水) 中学2年生 キャリア学習から

 例年は職場体験学習を計画するところですが、今年度は新型コロナウィルス感染予防のため、職業や生きることについて考えるキャリア教育を計画しました。(学校で行います。)
 これまでに、友だちからのアドバイスも含め、自己理解を深める学習を行い、タブレットを使って職業適性診断なども行っていました。
 この日は、出前授業として、市役所の中村克政様に来校していただき、五島にある仕事について教えていただきました。(職種の幅が広がってきているそうです。)その後、「自分の可能性を知る」というワークショップを行いました。やりたいことをたくさん書き出し、そのために何ができるのかを考えました。そして、13年後に再開した場面を設定し、互いに近況について質問し合いました。架空の世界ですが、その気になって語る未来の自分と向き合ってくれました。
 中村様、ありがとうございました。
 11月には、様々な職種で活躍されている方をお呼びして、職業講話会としてお話しを聞かせていただく計画を準備しています。  

○10月16日(金) 小学校全学年 稲刈り

 5月の種蒔きに始まり、田植え、草取りと作業を進めてきた米づくりも、稲刈りまでたどり着きました。開会式、鎌を使った刈り取りの方法(安全も)、束ね方、干し方などの段取りを確認のあと、さっそく作業にかかりました。低学年の児童も、器用に鎌を使って刈り取り作業を行っていました。ある程度刈り取り作業が進むと、束にまとめて紐で結わえ、横を走る道のガードレールにぶら下げていきます。いつの間にか効率のよい仕事分担ができあがり、連携して作業が進んでいました。
 農協や地域の方々、保護者の皆様の支援を受けながら、稲刈りまで済みました。この後は、脱穀、精米、餅つきと学習活動が続きます。

○10月17日(土) 第18回創造アイデアロボットコンテスト五島市中学生大会

市内各中学校から100名ほどの生徒が集まり、上記の大会が開催されました。技術の授業の成果として、本校からは2・3年の9名が出場しました。本校が出場した基礎部門は、55台がエントリーし、時間短縮のため1回戦からトーナメント形式で進められました。本校の上位入賞者は、龍一さんが3位、滉陽さんがベスト8、航司さんがベスト16でした。 

○10月19日(月) 川遊び(小学校クラブ)

小川地区の生活館下の川に出かけました。水も随分冷たくなっているので、最初は川に入らずにいたのですが、我慢できずに川に入る児童もいました。
タモや小さな網で、カワムツ・テナガエビ・ヨシノボリ(たぶん…)などをたくさん捕まえました。最後はすべてリリースして帰ってきました。

日をあらためてエビを捕りに行くつもりです。水の国プロジェクトに、60cm水槽が加わったので、最初の住人にしたいと思います。 

○10月20日(火) 小学3・4年生校外学習(社会科見学)

3年生は、 ごと・バリュー・歴史資料館、4年生は、クリーンセンター・浄水場・リサイクルセンターを、それぞれ訪問して学習を行いました。
社会科としては、「はたらく人とわたしたちのくらし」「かわってきた私たちのくらし」「健康なくらしを守る仕事」という学習単元です。

毎日の当たり前の生活を、様々な施設と、そこで働く人たちが支えていることを学びました。

○10月20日(火) 「水の国」プロジェクトに水槽追加

「水の国」プロジェクトに60cm水槽が仲間入りしました。大河内先生からの提供です。とりあえず、小川生活館下の小川川から、テナガエビを中心に捕ってきて入れました。

玄関先が、賑やかになりました。

○10月21日(水) 小学1年生 劇「くじらぐも」(国語) 

  またまた1年生から劇の招待状が届きました。今日は、草野先生と一緒に鑑賞しました。…担任の寺井先生が模造紙に書いた本文には、たくさんの赤い線や表現の工夫が書き込まれています。また、9月の「やくそく」の劇よりも文が長くなっていました。
 運動場で運動をしている子どもたちと先生の前に、大きな雲がやってきます。くじらの形に見えたから、「くじらぐも」…鯨に乗りたい! 子どもたちは、先生と一緒にくじらくもの上に乗りました。遠くの町が見えます… チャイムが鳴りました。そろそろ帰らなきゃ… 子どもたちと先生は。ジャングルジムの上に降ろしてもらいました。
 それぞれ、自分の役になりきって演じていました。また、ジェスチャーも大きく、はきはきした声で演じていました。私と草野先生は、一生懸命に演じる児童の姿を見ながら、細い目がいっそう細く、笑顔にしてもらいました。着実に成長を続ける1年生の姿を見せてもらいました。(ありがとう)

○10月23日(金) 中学3年生 道徳研究授業(草野先生)  

 初任者研修の一環として、中学3年生の道徳の授業を草野先生が行いました。

 三浦雄一郎さんが、「エベレスト登頂」の目標・夢を、いくつになっても持ち続け、挑戦のための努力を日々続けている姿を通して、自らの人生を着実に切り拓いていこうとする意欲を高めよう。 三浦さんのお話を、自分たちに置き換えたときに、生徒たちからは「挑戦」「努力・不断の努力」「協力」などのキーワードが出てきました。苦しかったけど光が見えた駅伝の取組も思い出したのだと思います。
 

○10月24日(土) ソフトテニス秋季大会

 1・2年生、4ペアが出場しました。(個人戦のみの大会です。)予選のリーグ戦で、あと1ポイント、あと1セットがとれず、決勝トーナメントに上がることができませんでした。ダブルフォルトやイージーミスショットなど、反省がたくさんありました。一方で、1年生の技術的なレベルアップも見えました。11月1日(日)には越首・中村組が県新人大会に出場します。また、11月3日(火)には市1年生大会に出場します。
 この日、バドミントン部が市民体育館で練習を行っていました。(右下写真)バドミントンの市新人大会は、11月8日(日)に行われます。

○10月26日(月) 中学1年理科遠隔授業

 5校時、本校の中学1年生5名と、久賀中学校の2名で、理科の遠隔授業を行いました。学習内容は、光の屈折によるものの見え方でした。1年生は初顔合わせで、少し緊張した様子でした。いつも以上に丁寧に伝えようとする様子が見えました。

○10月26日(月) 生徒会役員選挙

 生徒会役員選挙(会長選挙)の立会演説会ならびに投票を行いました。勇気をもって立候補してくれた3人が、それぞれの考えを発表しました。その後、投票を行いました。 

○10月27日(火) 小学1年生 生活科 秋さがし(学校周辺の散策)

 学校横の道やグラウンド、裏山に秋を探しに出かけました。桜や銀杏は、今年2回目の新葉がつきましたが、子どもたちは木の葉の色の変化に気づきました。裏山では、松ぼっくりやドングリなどを拾いました。やわらかい日差しの下、楽しい散策でした。  

○10月27日(火) 脱穀作業

 10月16日(金)に稲刈りをして、ガードレールに干していた稲を脱穀しました。体験として昔の足踏み脱穀機も使ってみました。また1・2年生は、脱穀機の体験のあと、稲穂に残った籾をひとつずつ手で落とす作業も行いました。3〜6年生は、コンバインを使った脱穀の手伝いをしました。稲束を運んだり、稲わらを片付けたりしてくれました。また、準備や後片付けもしっかり行ってくれました。さすがです…
 収穫した米は約6俵。早ければ来週、精米を行います。12月10日(木)は、収穫したもち米を使って餅つきを行います。
 今日も多くの保護者の方にお手伝いいただきました。ありがとうございました。  

○10月29日(木) 小学5年生 算数 研究授業(大河内先生)

  示されたひし方の面積を、補助線や図形の移動などを使って、色々な考え方で求めよう。そして、公式を導き出そう…という授業でした。
 児童たちは色々な求め方を思いつきました。考えをまとめたプリントを黒板に貼り、その考えを皆で共有しました。そして、ひし形の面積、ひし形の面積の公式へと繋がっていきました。
 学びを求める子どもの姿は美しいです。
 
 小学校だけではなく、中学校の教員もたくさん参観しました。このように、異校種間の授業交流ができることも、併設校の強みとして研修を続けていきます。

○10月30日(金) 小学1年生 校外学習

市立図書館、中央公園などを訪ねました。
図書館では、 思い思いに絵本を読んだり、係の方からお話しをうかがいました。また中央公園では、ドングリ探しを行い、遊具でたくさん遊びました。帰りのバスの中は、ちょーお疲れモードでした。

○10月30日(金) 小学2年生 校外学習

福江の本町商店街を中心に学習を行いました。
お店で、お家の方から頼まれたお買い物をしました。