令和2年7月 学校歳時記

○7月2日(木) 中2(総合的な…)福祉体験

中学2年の総合的な学習の時間のテーマのひとつが「福祉学習」です。今日は、玉之浦社会福祉協議会の方に講師として来校していただきました。
実際に 車いすでの介助として、幅の狭い所を通り抜けたり、段差を乗り越えたりする体験をしました。また一人で車いすを操作する体験もしました。

〇7月7日(火) 小5・6(複式)図工

「糸のこの寄り道散歩」の単元の製作学習です。薄いベニヤ合板を糸のこ盤で自由に切り、できた部材から発想を膨らませて作品を作り込みます。
接着剤で組み立て、絵の具で着色することで、個性溢れる作品が仕上がっていきました。 

〇7月7日(火) 中学1年英語研究授業

初任者研修の一環として、東本先生の英語の研究授業を行いました。他校から英語担当の先生を迎えて、授業後の研修も行いました。

1単位時間の授業の、ほほ全部が英語で行われ、生徒たちも授業のリズムに乗ることができるようになってきました。日々の積み重ねの大切さを感じました。
 

〇7月8日(水) 昼休み

久しぶりに運動場で遊ぶ子どもたち…

梅雨の晴れ間に、思い思いに運動場で遊んでいます。

明日から再び大雨の予報…

〇7月10日(金) 小学1年劇「おおきなかぶ」

昨日、校長室に劇のチケットが届きました。
「おおきなかぶの劇をするので見に来てください。」

「うんとこしょ、どっこいしょ…」
おじいさん・おばあさん・まご・いぬ・ねこ・ねずみの6人が力を合わせると、やっとかぶがぬけました。一人でできなければ二人、二人でできなければ…と、みんなで力を合わせることの大切さを感じ取ってくれたかな。そして、自分の役柄に合わせて、一人ひとりが表現を工夫している様子が可愛かった。

外は雨ですが、心が晴れる劇でした。ありがとう。
 

〇7月13日(月)小学2年生中須地区散策

2校時目、中須地区を小学2年生が散策しました。ゆっくり歩くことで、ふだんは見逃しそうなものに気づいてくれたと思います。
学校を出発してすぐに、「ツユクサ見つけた」「カニがいた」「トンネルは声が響く」「じいちゃんの田んぼ」 …学校に戻るまで子どもたちの声が響いていました。
このあと教室に戻って、自分が発見したものをまとめていく学習が始まります。

沿道には様々な草花や動物がいました。国道沿いの椿には立派な実(かたし)が付いていました。また、栗の毬(いが)も発見しました。

○7月15日(水) 中学2年英語指導訪問

五島市では、市教委の先生の訪問のもとに、英語の授業指導を受けています。また、市内の他の中学校からも英語の先生が来校し、お互いに学び合う場を持ちます。
先週、初任研で研究授業を行った東本先生が、本日の授業者です。中学2年の5名の学級で授業を行いました。その後、市教委並びに参観した先生方で授業研究会を行いました。

○7月15日(水) 「水の国」プロジェクト

児童生徒用玄関前に幅120cmの水槽を設置しました。「水の国」プロジェクトと呼んでいます。(私の趣味の延長です)今朝、水の国の最初の住人のメダカたちが鍋内先生の家から引っ越してきました。
水槽は校務員の山田さんが水漏れの修理を行い、私が台を製作しました。今後も種類や数を増やしながら、子どもたちの目を引きつけていきたいと思います。
 

○7月17日(金) ALTミッチ先生お別れ会

ミッチ先生の五島での最後の勤務が玉之浦小中学校でした。ALTとして3年間、五島市の子どもたちの英語指導に力を尽くしてくれました。授業だけではなく昼休みや休み時間も、子どもたちと一緒に過ごしてくれるミッチ先生でした。

真矢さん・知也さん・陸さんが、代表でお礼の言葉を述べました。また、みんなの寄せ書きをプレゼントしました。

最後にミッチ先生の挨拶…楽しい3年間でした。ありがとう。東京で英会話学校の先生になります。夢があります。…最後に、得意のギターを取り出し、中学生と一緒に「country road」「stand by me」を歌ってくれました。
 

○7月20日(月) ミッチ先生船出…

1便フェリーでミッチ先生が旅立ちました。学校関係者、市教委、ALT、他の活動を通して知り合った人たちが見送りに来ていました。
本校からも数名、見送りにでました。五島の船の別れらしくテープを張りました。縁を結んだ人との別れは、やっぱり寂しいですね。 

○7月20日(月) 全国学力学習状況調査・県学力検査

例年4月に実施している全国学力学習状況調査が、今年は新型コロナのために全国一斉の実施ができませんでした。そして、既に準備が済んでいた問題等の扱いが各自治体に任されました。本校では、県学力検査と併せて、本日、全学も受検しました。

○7月22日(水) 昼休み&中学校集会

○昼休み…運動場で元気に遊ぶ子どもたち。

○中学校集会…特に「オンラインゲーム」についての指導でした。約束や時間を守ってやっていますか?親もOKを出す内容ですか?…無料で暴力的なオンラインゲームが配信されています。子どもだけではなく、環境と機器を与えている大人の責任も考えていく必要があります。 

○7月28日(火) 小学3・4年国語「辞書ノート」の取組

小学3・4年生の国語の授業を見に行きました。 入江先生から「辞書ノート」という取組を始めたと聞いていたので、その様子が見たくて…

前回の学習から、辞書ノートの取組のよいところについて、気づきや考えが発表されました。

辞書ノートにまとめたい言葉を選び、さっそく辞書を片手に調べ、まとめ、表現する作業が始まりました。一人一人の辞書には、これまで調べてきたページに付箋がいっぱい貼られています。自分の学習の軌跡=自信が、そこにあります。

言葉の意味や、言葉を使った単文づくりを中心にノートがまとめられていきます。中にはイラスト付きで…。自分だけの辞書が1ページ追加されました。


友だちの発表は、姿勢と視線を集中させて聞く。(写真の通り…)約束を守って学習に取り組む、伸び盛りの3・4年生でした。
 

○7月28日(火) 校長室の珍客オニヤンマ

昼休みの校長室。突然、羽音が気になりました。いつ迷い込んだのか分かりませんが、オニヤンマが飛んでいました。 これだけ大きいと、ブーンと羽音も聞こえます。トンボの王様の威厳を感じました。
これまでにも、何回となくオニヤンマが迷い込んできました。学校周辺の自然の豊かさを感じます。

○7月29日(水) 朝の景色から

梅雨明け間近と思いながら、数日が過ぎてしまいました。昨日も突発的に大粒の雨が降るなど、天候が落ち着きません。
今朝も福江を出るときは雨でした。挨拶運動の時には、青空と低い雲が見えていました。明日には「梅雨明けたらしい…」と聞きたいものです。


「水の国」プロジェクトの水槽の写真です。動物は今のところメダカだけですが、種類と数が増えました。ホテイアオイを入れておいたところ、ひげ根にたくさん卵が付いているようです。(子どもたちの目には、たくさんの卵が見えるようですが、老眼の私には何も見えません。)親メダカが卵を食べないように、別の水槽に水を溜めて、ホテイアオイを移しました。また、卵を付けて泳いでいたメダカも数匹、新しい水槽に移しました。新しい命の誕生を楽しみに待ちたいと思います。 

○7月31日(金) 田んぼの草取り作業

予定していた7月27日(月)が雨模様で作業を延期しました。本日、31日(金)に作業を行いました。午後からの作業予定でしたが、子どもたちの健康面への配慮から、急遽、1校時に時間を変更しました。(保護者の皆様には、急な連絡メールで御迷惑おかけしました。)

6月12日(金)に植えた苗は、背丈が伸び、分けつが進んでたくましくなっていました。丸い葉の植物(?)や、稲と区別が難しいヒエも伸びていました。 

5・6年生は、稲作りのご支援いただいている角田さんから、稲以外の雑草の見分け方と作業方法について教えていただきました。 



1時間程度の作業でしたが、体中の水分が汗になって吹き出したようでした。(子どもたちは、下の学年から早めに上がらせました。)
隣の田の早期栽培の稲には、稲穂が付いています。お盆の頃に刈り取りでしょうか?…また、今日の作業のお供は、たくさんのシオカラトンボでした。

○7月31日(金) 「水の国」プロジェクト 新しい住人エビ、赤ちゃんメダカの誕生

「水の国」の2番目の住人は…
スジエビだと思って入れたエビの写真をよく見ると、ヌマエビの特長が… 1〜2cmの小さな個体が多く写真を拡大して気づきました。

メダカたちは相変わらず元気で、食欲旺盛。

ホテイアオイの根にメダカの卵が付いていたので、別の水槽に移して観察していました。1cmに満たない小さな稚魚がちらほら見えます。(左の写真は接写して拡大したものです)2つの目は、既に力強く見えます。